読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

所感雑感

くだらないひと。

東京の鉄道路線を完乗した話

鉄道

 完乗とは乗り終えることを指し、私は今日、東京都にある全鉄道路線を乗り終えた。

 

 ここで私の中の鉄道路線の基準を明確にしなければいけない。

 第一に鉄道事業法及び軌道法に準拠した鉄道事業者、軌道経営者であること。つまり、レールがあって車両が走っているからといって東京ドームシティのサンダードルフィン鉄道路線にはならないということだ。

 第二に旅客の乗ることが出来る定期列車が走っていること。つまり、定期的に貨物列車が走り、臨時で旅客列車の走る武蔵野南線(府中本町以南の武蔵野線)は鉄道路線には入らないということだ。

 第三に営業キロが設定されていること。つまり、定期旅客列車(むさしの号)が設定されている中央線の国立駅から武蔵野線新小平駅までの国立支線はJR東日本営業キロが設定されていないため鉄道路線には入らないということだ。

 たぶんこれぐらいで網羅出来ていると思うが、基本的に「乗りつぶしオンライン」さんに沿っています。

 

 さて、最後まで残った鉄道路線は高尾山と御岳山のケーブルカー。やはり山となると行く機会が少ない。高尾山はめちゃくちゃ近いし1度登ってるんですけどね。はじめに近い高尾山のケーブルカーから攻略。家の最寄駅から1駅の高尾山口駅で降り、清滝駅まで歩く。

f:id:sokisoba:20160521225426j:plain

 土曜日の午前中ということで登山客やフラダンサーでごった返していた。ケーブルカーの車内はめちゃくちゃ混んでおり、まだ山手線の方がスペースあるんじゃないかレベルだった。しかも鉄道事業者の中では日本で1番の勾配、608‰のところでは最初から斜めになっているはずのケーブルカーの車両ですら踏ん張らないと立っていられない程の勾配となった。あれは凄い。面白いので是非行ってみてください。平日がオススメです。

 帰りもケーブルカーだと面白くないなと思い、せっかくリフトも乗れる切符なのだからということでリフトで下りた。が、あれはダメだ。もし私が王様ならリフトの考案者を処していたことだろう。ゴールは見えず、頭上にあるのは太い鉄の線1本のみ。しかも足は宙ぶらりんで支柱が来るたび乗っているリフトが揺れる。至る所に「揺らすな」という注意書きがあったが、私からすると「お前らが揺らしてるじゃないか!!!」とおいう感じであった。リフトはホント、上りの時に使って下さい。あれトラウマもんです。もう絶対リフトなんか乗らねぇ。

f:id:sokisoba:20160521230628j:plain

ご覧の通り鋏を入れてもらえます。改札で鋏を「カチカチ」鳴らしていてノスタルジーを感じた。

 

 高尾に戻り、そこから中央線、青梅線と乗り換え御嶽駅からバスでケーブル下まで行き、そこから少し歩くと御岳山ケーブルの滝本駅に着く。

f:id:sokisoba:20160521231120j:plain

 ケーブルカーの線路である。あ~ロマン~。

f:id:sokisoba:20160521231235j:plain

 最後の路線と思うと全てが愛おしく思え、いろいろ撮ってしまった。公開する写真はこの1枚でやめておく。

f:id:sokisoba:20160521231352j:plain

 これが完乗する瞬間を迎えた車両、御嶽号である。午後の上りということでガラガラではなかったが座ることは出来た。動き出すと、先ほどの写真のところを通って道をオーバーパスし、森の中に入り、東京スカイツリーの高さを越え、下りのケーブルカーと行き違いをし、橋を渡って何事も無く終点の御岳山駅に到着した。その後は2時間前に絶対乗らないと誓ったリフトに乗り展望台へ行き、730円のざるそばを食べ、リフト、ケーブルカー、バスと乗り継ぎ御嶽駅へ到着した…

f:id:sokisoba:20160521233239j:plain

こちらも鋏である。ちなみにリフトはパンチで、往復の切符だと帰りに回収されてしまう。

 

 次、東京都に出来る路線は何なのだろう。JR東日本羽田空港へ向かう路線だろうか。東京メトロ有楽町線豊洲~住吉延伸だろうか。ゆりかもめ都心部延伸だろうか。つくばエクスプレス東京駅延伸だろうか。大江戸線の、多摩都市モノレールの、中央リニア新幹線の…乗りたい、乗り続けたい。私はそう思う。早く作って早く私に新しい景色を見せて欲しい。悲しいことに人生は有限なのである。ただ、嬉しいことに日本にはアホほど鉄道路線がある。私はまだ12746.7kmも残っている。これが0になった瞬間、私は何を思うのだろうか…